• 記憶力クイズ

    2017年12月04日

    先日、職場の忘年会にて、チーム対抗のゲームやクイズを実施しました。
    その一つが「記憶力クイズ」。日頃目にしているであろう看板やロゴマークをお題にして
    記憶をたどって書いてみましょう~というものです。
    チーム内で相談して回答を一つ出してもらい、実物に近かったチームに点数が入ります。

     

    第一問は「クロネコヤマトのロゴ」

    正解はこちら↓ クロネコが子猫をくわえていることがポイントなのでAとDが近いのですが
    丸で囲って「黄色」の指定まであったAチームに10点。

    続いて第二問。「セブンイレブンのロゴ」

    「毎日のように通っているのに全く思いつかない!」という声も。
    正解はこちら↓ 色々なタイプがありますが、7という数字を横切るようにして
    ELEVENが入っていることが特徴的。というわけで、Dチームに10点。

    最後の問題は、日ごろお世話になっている「大同生命」のロゴ。

    【続きを読む】

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
  • 横綱 日馬富士の引退

    2017年11月30日

    昨日、大相撲の横綱・日馬富士が引退会見を行いました。
    10月の巡業中に鳥取市内で幕内・貴ノ岩に暴行して負傷させたことに責任を取る形での引退。
    日本相撲協会からの処分が下される前の決断でした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171129-00000164-sph-spo

     

    横綱になるまでの苦労と努力を思うと、このような幕切れは悔しく残念でなりません。
    もちろん、暴力行為は許されるものではないですし、今回は明らかに度が過ぎていました。
    しかし、仲間内の喧嘩で弟弟子を想ってのことだったようですし、おそらく日ごろから
    注意・指導していたにも関わらず、改善が見られなかったのだろう・・・と推測すると
    なぜ横綱が引退する事態にまで追い込まれてしまったのか、と少し疑問に思います。

     

    相撲は日本の国技であり、伝統文化であるがために、特に横綱ともなれば『品格』を強く
    求められます。他の分野では、ここまで厳しくないですよね。
    芸能界はもちろん、スポーツ界でも暴力事件を起こして復帰したケースがあったような・・・。
    伝統といえば、酔っぱらって一般人と殴り合いの大喧嘩をした歌舞伎役者もいましたよね。

     
    力士を目指す若者が日本では激減している中、相撲界は、モンゴル人力士の強さと人気に
    頼っている部分も多いと思います。近年、相撲協会の体質が問われ続けていることから
    色々な意味で変革の時期を迎えているのかもしれません。
    いずれにしても、伝統文化を継承していくことの難しさを感じます。

     

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
  • 電車が20秒早く発車して謝罪!?

    2017年11月22日

    昨日の新聞に掲載されていて驚きました。
    「つくばエクスプレス」が20秒早く発車したことをHPで謝罪している、というのです。
    確認すると、確かに謝罪文が掲載されていました。
    http://www.mir.co.jp/company/release/2017/post_109.html

     

    「定刻9時44分40秒のところを9時44分20秒に発車してしまいました」とのこと。
    乗客からの苦情はなかったものの、発車を知らせる駅の放送が発車後に流れてしまったそうです。
    これには海外メディアも驚き、国内でも「さすがにやり過ぎだろう・・・」の声が多く聞かれています。

     

    海外からも指摘されていますが、忘れてはいけないのが、2005年4月に起きた
    JR宝塚線の脱線事故です。運転手は1分30秒の遅れを取り戻そうと焦った結果
    107名もの尊い命が失われることとなりました。
    日本の鉄道が世界一時間に正確であることは誇りです。しかし、度を過ぎた時間厳守は
    再び大きな事故を招きかねません。

     
    昔、仕事でイギリスに住んでいたことのある同僚から「ロンドンの地下鉄では『只今、運転手が
    ランチから戻ってきていないため発車が遅れています』というアナウンスが入る」と
    聞いたことがあります。それくらい大らかな方が楽に生活できるのかもしれない・・・と感じました。
    利用者側も要求が行き過ぎていないか、考え直す必要があるかもしれませんね。

     

     

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
  • 【経営者塾】成長する組織のあり方・人材の活かし方

    2017年11月20日

    池袋にて12回目のセミナーを開催しました。

     

    今回は、プロの講師として活躍されている方から「成長する組織のあり方・人材の活かし方」
    などを実例を交えてご講義いただきました。

     

    ・マネジメントの定義とは
    ・人を動かす(人の行動を変える)三原則とは
    ・「共創できる組織」にするために必要なこととは
    →メンタルモデルを把握する。
    ライフライン、ストレングス・ファインダーなども有効
    ・職場における「不満」と「満足」2つの視点で捉える重要性
    →ハーズバーグ理論

     

    現在はコンサルタントや講師として活躍されている西原様に、自身の幅広い経験に基づくお話を
    していただき、大変勉強になりました。参加者たちに問いを投げかける場面も多く、グループワーク
    のような雰囲気の中で、自己分析のきっかけにもなったと思います。
    「意識すること」「自分や相手の思考のあり方や感情の動きを知ること」の大切さを学ぶことが
    できたので、今後実践していきたいです。

     

    詳細は池袋HPに掲載しています。
    http://ikebukuro.second-tax.com/seminar/20171116/

     

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
  • 【代表者コラム】かっこいい大人②泉谷しげるさん

    2017年11月01日

    先週の金曜日、坂上忍さんの冠番組に出演されていた泉谷しげるさんが
    「お年寄りのお金を、若い人たちに移せればいいのに」という発言をされていました。
    泉谷しげるさん自身も年金受給者世代であるのに、なんとも素晴らしいことだと感じました。

     

    実際、団塊の世代が年金受給者の多数を占めております。
    「年金は自分たちがこつこつ払って来たものだ!だから絶対年金はもらう!」という意見をよく聞きます。
    この人たちは、現役世代が負担している金額とか、毎年その負担が増加していることをご存知なのでしょうか?

     

    税金の役割の一つに「富(とみ)の再配分」という機能があることをご存知でしょうか?
    偏った「富」を国が徴収し、公共的(間接的)に配布し直す機能です。
    お年寄りの多くは年金の収入により生活をしています。ただ、一部の高齢者にはこの公的年金の支給は
    ただ単に相続財産の増加でしかない方もいらっしゃいます。

     

    例えば、年金以外の収入が1000万円を超える方については、公的年金の支給をしない代わりに
    そのもらうべき年金の1/3の金額の税金を安くしてあげるという方法もあります。
    これも「税金による富の再配分の方法」であると考えますが、いかがしょうか?

     

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村