• 東京オリンピックは大丈夫??

    2018年07月18日

    身に危険を感じるほどの酷暑が続いております・・・。
    熱中症とみられる症状で搬送される方の数も増え続けており、昨日は6歳の男の子が
    校外学習の後に倒れ、亡くなられるという痛ましいニュースもありました。
    近頃の暑さは警戒レベルにあります。特に子供は、自分の体調の異変に気付きにくく
    またそれを上手く伝えられないこともあります。慣習で行われてきた行事や部活動など
    今一度、大人が見直す必要があるのではないでしょうか。

     

    そして気になるのが「東京オリンピック」です。
    開催期間って7月下旬~8月ですよね。大丈夫なのでしょうか??不安でなりません。
    ここ最近の開催地と比べても、開催期間中の平均気温は東京が圧倒的に高いとのこと。
    ロンドンはさておき、北京やリオデジャネイロより5℃も高い!
    加えて、日本特有の湿度を伴った蒸し暑さ。コンクリートジャングルによるヒートアイランド現象。
    そこに極限状態で来日するアスリートたち、慣れない仕事をこなすボランティアガイド、
    応援に熱が入る観客たち・・・。死者が出てもおかしくないと思いませんか。

     

    「開催時期を10月に変更できないのか?」「マラソンは朝5時スタートにするべきだ。」
    など様々な意見が飛び交っています。ここまで暑さが厳しいと、来日した方々が
    日本を嫌いになってしまうのではないかと心配になってしまいます。
    開催国として、できる限りの対策を講じていくべきですね。

     

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
  • デジタル化はどこまで進んでいる?

    2018年07月13日

    国税庁より「税務行政の将来像」に関する最近の取組状況 が6/20に発表されました。
    http://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2017/syouraizou/pdf/syouraizo_3006.pdf
    ちょうど一年前に公表された「将来像」についての具体的な取組み、施策のイメージなどが
    紹介されています。ざっくりまとめると・・・

     

    1.申告手続きのデジタル化の推進(個人向け)
    ①スマートフォン・タブレットによる電子申告
    →医療費控除又はふるさと納税等による還付申告を対象としたスマートフォン・タブレット
    専用画面を開発中。H31/1~導入予定。電子申告が身近なものになるかも!?

     

    ②e-Tax利用手続の簡便化
    →H31/1~、マイナンバーカード方式又はID・パスワード方式により従来よりも申告が簡便に。
    ICカードリーダライタがなくてもスマホの読取機能で利用できるよう検討中。実現すれば便利!

     

    ③年末調整手続の簡便化
    →年末調整控除申告書作成システムを開発中。H32/10~導入予定。アプリを無料ダウンロードし、控除証明等
    のデータを取り込めば、所定の項目に自動転記。オンラインで提出可能。従業員も勤務先も負担減!

     

    2.申告手続のデジタル化の推進(法人向け)
    ①法人の電子申告に必要な電子署名の簡便化→実施済み

    ②イメージデータで送信された添付書類の紙原本の保存不要化→実施済み

    【続きを読む】

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
  • 平成30年7月豪雨

    2018年07月12日

    7/5~7/8の集中豪雨の影響で、西日本では甚大な被害が出ています。
    日に日に増える死者、安否不明者の情報にただただ無力を感じる毎日です。
    酷暑の中、避難されている方には、熱中症や感染症の危険も心配されます。
    どうか無理なさらず、少しずつ日常を取り戻していただきたいと願っています。

     

    【豪雨の被害へあった方へ】避難と生活情報
    https://news.yahoo.co.jp/story/1009

     

    今回の集中豪雨は「バックビルディング現象」によるものだそうです。
    積乱雲が数珠つなぎに次から次へと連鎖的に発生するもので
    2014年8月の広島土砂災害や、昨年7月の九州北部豪雨でもみられました。

     

    岡山県倉敷市真備町では「バックウォーター現象」が原因で被害が拡大したと言われています。
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/news058.html
    豪雨などで川の本流の水位が上がることで、本流に流れ込むべき支流の水が
    壁にぶつかるように流れを阻害され、行き場を失ってあふれ出す現象のことです。
    広島県では、晴天だった7/10、榎川が突然氾濫しました。普段は、チョロチョロとした
    程度の流れだという川に、濁った水が一気に逆流してくる映像は衝撃的でした。
    豪雨の影響は、遅れて出ることも大いにあるため、しばらくは警戒が必要とのこと。

     

    天気予報の精度が向上しても、被害を防ぐことができないのは悔しいです。
    まずは自分の住んでいる地域の地形や地質を把握し、災害に備えることが大切ですね。

     

    【続きを読む】

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
  • 【経営者塾】事業承継について

    2018年06月22日

    池袋にて14回目のセミナーを開催しました。
    今回は、平成30年度に大きな改正が行われた「事業承継」について
    弊社税理士より講義させていただきました。
    詳しくは池袋HPに記載しています。
    http://ikebukuro.second-tax.com/seminar/20180622/

     

    中小企業庁のHPによると、日本の企業の99%が中小企業であり
    サラリーマンの70%は中小企業で働いているとのこと。
    経営者の年齢のボリュームゾーンは、1995年に47歳前後だったのに対して
    2015年には66歳前後となっています。つまりは、20年間世代交代がなされていない
    ということです。経営者の引退年齢の平均は67~70歳であるため、今後5年程度で
    多くの中小企業が事業承継のタイミングを迎えることが想定されます。

     

    会社を存続させるには、円滑な事業承継を行うことが大切です。
    ご相談ごとがございましたら、弊社にお問い合わせください。

     

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
  • 近畿地方で震度6弱

    2018年06月18日

    18日午前8時前、近畿地方で震度6弱を観測する強い地震が発生しました。
    https://news.yahoo.co.jp/story/988
    該当地域の方々、ご無事でしょうか?
    個人的には、親族が多く住んでいる地域なので、発生直後、メールやLINEなどで
    慌てて安否を確認しました。怪我などなく一安心ですが、本棚や食器棚が倒れたという
    身内もいたので、相当な揺れだったと推測されます。
    阪神淡路大震災を思い出し、怖さが倍増した方もいらっしゃると思います。
    引続き、余震に警戒してください。

     

    17日には、群馬県でも震度5の地震がありました。
    房総半島沖では、プレートがゆっくりと滑り始める「スロースリップ現象」も観測されています。
    現在、地震の「活動期」に入っている日本列島。いつどこで大地震が起きても不思議ではありません。
    気を引き締めて、災害に備える必要がありますね。

     

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村