• イマドキの本屋さん

    2018年05月18日

    5/16放送のNHK「あさイチ」で本屋さんの特集がありました。
    http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/180516/1.html

     

    出版業界の不況が続く中、新しい試みで運営される本屋さんが増えているそうです。
    カルテと呼ばれる注文書をもとに、1万円で本を厳選してくれる書店は、すっかり有名に
    なりましたが、その他にも
    ・本のタイトルを隠して、書店員の推薦文だけを頼りに本を選んで買ってもらう「シークレットブック」
    ・エステや美容室、コインランドリーを併設することで、相乗効果を狙った地方の書店
    など、独自の工夫を凝らしている書店が紹介されていました。
    最近の流行りは「ブックカフェ」や「定期的に読書会を開催する書店」など。
    ネットで本を購入すると「あなたにお薦め」と、勝手に同じ系統の本が紹介されるので
    好みが偏りがちになり、便利さの中に不便さを感じる声もあがっています。
    本が好きな人ほど『新しい世界』との出会いを求めているのです。

     

    インターネットやスマートフォンの普及により、書籍・雑誌の販売金額は、ピークだった1996年に比べると
    ほぼ半減。しかしながら、一日に出版される新刊は20年前に比べ約1割増え、200点以上にのぼります。
    書籍が納品されてから約3カ月以内に返品すれば、出版社から書籍代金の全額が戻ってくるという
    書店業界独特の返品制度があります。出版社は、返金するお金がないので、次々に本を出版し、返品と
    引き換えに新刊を納品するというサイクルが出来上がっているため、新刊が増えているのです。
    売れない本に対しての見切りも早く、大手書店では、なんと1週間しか店頭に並ばない本もあるそうです。

     

    町の小さな本屋さんは次々と姿を消していき、書店が1つもない自治体も増えているとのこと。
    本を実際に手に取り、パラパラとページをめくることで感じる何かもあるはず。
    そういった感覚を見直す時代に入ってきているのかもしれません。

     

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
  • 7/24はテレワーク・デイ

    2018年05月08日

    「働き方改革」の一環として、政府が企業に積極的な導入を促していることでも
    関心が高まっている「テレワーク」。相談センターまで設置されているのをご存知ですか?
    https://www.tw-sodan.jp/

     
    テレワークとは「tele(離れたところで)」と「work(働く)」を組み合わせた造語で
    『情報通信技術(ICT)を活用した、場所や時間に捉われない柔軟な働き方』と定義されています。
    主なメリットは次のようなものが挙げられます。
    ・業務の効率化 ・優秀な人材の確保 ⇒ 企業経営にとってのメリット
    ・ワークライフバランスの向上 ・通勤による負担の軽減 ⇒ 就業者にとってのメリット
    ・通勤混雑の緩和 ・女性や高齢者などの就業促進 ⇒ 社会にとってのメリット

     

    いいことだらけに見えますが、次のようなデメリットもあるため、アメリカの大企業では
    テレワーク制度の見直しや廃止も行われ始めています。
    ・時間管理が曖昧になりやすい ・IT端末のセキュリティが煩雑になる
    ・公私の区別がつかずにダラダラ仕事になりやすい → 逆に長時間労働になる可能性もある
    ・コミュニケーション機会の減少や質の低下 → チーム力や労働生産性の低下

     

    日本では今年から、7/24を「テレワーク・デイ」と定め、「毎年、一斉にテレワークを実施する日」
    としました。これは2020年の東京オリンピックの開会式にあたる日であり、2012年に行われた
    ロンドンオリンピックの成功事例に倣ったものです。ロンドンでの五輪レガシーには、テレワーク普及も
    あったため、東京でも同じことが期待されています。
    テレワークは、地方創生の起爆剤にもなりえるとの見方もあり、オリンピックを機に産業界が変わる
    可能性があるそうです。
    できることから少しずつ「働き方改革」を実行していきたいですね。

     

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
  • お香と匂い袋作り体験

    2018年05月02日

    先日、事務所にて女性職員を対象に「匂い袋作り体験」の講座を開催しました。
    教えていただいたのは、「創作香房まとい」https://matoi.sekizen.co.jp/
    の香司である神澤記子さん。

     

    このような出来上がりを目指して、いざスタートです。

     

    今回は10種類のお香を調合して作るため、まずは、それぞれの香料の香りを確認します。
    馴染みのある香りから、初めて嗅ぐ香りまで、それぞれ特徴があって面白いです。

     

    次にこれらの香料を自分好みに調合していきます。
    小さなスプーンで1/4さじとか1/8さじとか計算しながらの作業は難しいのですが
    単品だと個性が強すぎる香りも、調合するといい具合にまとまったりするので不思議です。

     

    調合した香料を袋に詰めると完成です。袋の種類も色々あって、選ぶのがとっても楽しい!
    各自の好みがハッキリと表れるので、なかなか盛り上がる作業です♪

     

    【続きを読む】

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
  • マイナンバーと日本年金機構

    2018年04月25日

    昨日のブログで「マイナンバーの情報連携進んでますね!」と述べてしまいましたが
    そうでもないようで・・・。今朝、こんな記事が載っていました。

     

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00010002-manetatsun-life&p=1

     

    健康保険に関しては、税の情報に紐づけられることが前提でしたが、その部分は
    進んでいないようです。
    年金機構と自治体の連携については再延期が決定しています。その理由が、個人情報の漏洩
    などにより管理体制が問われたことだというのは、とても残念でもったいない気がします。

     

    記事にあるように「マイナンバーを記載するような義務のみが先行し、メリットが後回しに
    なっている状況」であることは間違いありません。
    システム構築のスピードを早めて欲しいものですね。

     

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村
  • マイナンバーカードを保険証に

    2018年04月24日

    2020年度から、マイナンバーカードを健康保険証の代わりとして使えるようにする
    と、先日、厚労省より発表がありました。

    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00470714

     

    マイナンバー制度と社会保険診療報酬支払基金などをつないだシステムを構築し、
    医療機関がオンラインで加入保険などを照会できるようにするそうです。
    マイナンバーカードの普及率は現在、全人口の1割程度とのこと。
    これを機に、カード取得者の増加が期待されています。

     
    情報連携する分野がいよいよ拡大されてきましたね。
    安心で便利な制度として発展していって欲しいものです。

     

    ブログランキングに参加しました。
    いいなと思いましたら以下のバナーをクリックで応援よろしくお願い致します。

    にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
    にほんブログ村